スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

foobar2000でaoTuVを使ってOGG Vorbisにエンコードする方法



以前、ある方から教えて頂いたOGG Vorbisエンコーダーを導入してみました~。
こんな風にQuality値毎に設定しておけるとは実用的で便利!(*´∀`*)
ちょうどOGGエンコーダーは常備してなかったのでとても助かりました。
ありがとうございます~^^
これでおぢぢの配信もできるぜー!


以下、自分のためのまとめ。
●用意するもの

foobar2000(オーディオプレイヤー。英語)本体
入手先 : foobar2000公式サイト(英語)

foobar2000日本語化パッチ(必要ならば)
入手先 : non existent - 日本語化

aoTcV(OGG Vorbisエンコーダー。単体ではなくプレイヤーに組み込んで使用)
入手先 : aoTuV(蒼弓氏)

※2009/07/28現在の最新版
・foobar2000 … foobar2000_0.9.6.8
・foobar2000日本語化パッチ … foobar2000_0968
・aoTcV … aoTuV_b5.7


●導入手順

01. foobar2000(本体)をインストールする。
02. foobar2000を日本語化する。

参考 : インストール・日本語化 (v0.9x) - foobar2000 Wiki


03. foobar2000でaoTcVを設定する。
参考 : 「蒼弓ノート」 別館 - foobar2000で簡単エンコード



●Quality設定値とビットレート

↑の設定における「Parameters: -q4 - %d」の4はQuality設定値。
-2から10まで設定可能で、-q4=128kbps(標準)。

参考 : 
WaveError 信号劣化度の比較(5) OGG Vorbis / Tips / Cycle of 5th
Vorbis - Wikipedia
OGG Vorbisのクオリティをビットレートの関係表 | kota's blog

・32kbps … q-2 <-----------会話レベル--->
・64kbps … q0 <-----------音楽として聞けるレベル--->
・96kbps … q2
・112kbps … q3
・128kbps … q4  <-----------人間の耳だとCD音質と違いが分らないレベル--->
・160kbps … q5
・192kbps … q6
・224kbps … q7
・256kbps … q8  <-----------自己満足レベル--->
・320kbps … q9
・500kbps … q10

 ******

これでPC内のプレーヤーが7つ……って、多いよ!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。